Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 上期事業報告「連携して物流構築を」

    2015年11月20日

     
     
     

     物流連(工藤泰三会長)は11月17日に記者会見を開き、上期事業報告を行った。
     工藤会長は「物流の改善も進んでいるが限界に近づいており、ますます全体最適を見直すべき時。それにはモーダルシフトは重要で、物流の各セクション、トラックや鉄道、海運など、それぞれが競合するのではなく、連携してお客様と荷主と物流企業が一緒になって物流を構築する時代が来たのだと思う」と述べ、「eコマースが増え、インバウンド、例えば中国からのニーズやTPPと物流に対するニーズが高まっており、量より件数が増える中でトラック不足という現状。ムダ・ムラ・ムリをどう省くかが今後の課題」と話した。
     与田俊和理事長は、三つの重点課題として「(1)物流を広く社会、国民から等身大で見ていただく(2)社会インフラとしての物流の機能を高める活動(3)国際的な課題への取り組み強化」を挙げ、これらに即した活動を各委員会別に報告した。


    121007.jpg
     また、広報活動として寄付講座や物流懇談会、講演会の実施、HPやメールマガジンなどインターネットでの情報発信、「数字で見る物流」の発刊なども報告した。
     来年1月16日には東京・渋谷のベルサール渋谷ファーストで、学生を対象に物流大手34社がPRブースを出展し、各ブースを自由に訪問する学生に情報発信できる「第2回物流業界研究セミナー」も開催する。詳細は物流連HPを参照。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら