Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ルーフィ 軽貨物対象の緊急配送「ハコブリッジ」登録申請受付

    2016年3月18日

     
     
     

     ネットスーパー宅配や緊急配送を得意とするルーフィ(鈴木英男社長、東京都中央区)はこのほど、軽貨物を対象とした緊急配送マッチングシステム「ハコブリッジ」の提供開始を発表。
     同システムは、緊急配送を必要とする荷主と、車両を提供する運送会社の受発注をインターネットを介して結びつけるもの。専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットなどの携帯端末で、ドライバーの位置情報を常時把握し、荷主が案件入力を行うと、集荷地点までの距離や車種などの条件に合致する車両を検出し、空車状態のドライバーに集荷場所や配送先、発着時間などの情報を直接発信する。
     同サイトを利用することで、運送会社は実車率の向上とともに、管理者がパソコン上で車両の動態管理を行えるなど、配車や事務処理を省力化できる。「10分以内の自動成約」というスピーディさとともに、該当車両が見つからない場合はオペレーターが24時間体制で対応し、確実な配車を約束する。また、成約時から荷主側に車両の位置情報の提供が開始され、随時確認可能。


    021206.jpg
     利用には事前登録申請が必要で、荷主は利用案件に応じて、運送事業者には登録開始時からそれぞれ利用料が設定されている。今月から登録申請を受け付け、4月からサービスを開始する。
    ◎関連リンク→ 株式会社ルーフィ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら