Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    味の素とMizkan 関東ー関西間を鉄道で往復輸送

    2016年2月18日

     
     
     

     味の素とMizkanは2月18日、共同で関東・関西間の鉄道による往復輸送を3月から開始すると発表。同区間でのモーダルシフト率を高め、CO2排出量削減を図る。2015年11月に発表した北海道での共同配送の取り組みに続き、中長距離幹線輸送の再構築を目指す。
     味の素、カゴメ、日清オイリオグループ、日清フーズ、ハウス食品グループ、Mizkanの食品メーカー6社は昨年2月、「食品企業物流プラットフォーラム(F︱LINE)の構築」に合意し、6社共同配送の構築、中長距離幹線輸送の再構築、物流システムの標準化などについて検討を重ねてきた。


     関東・関西の物流センター間の輸送については、味の素では久喜物流センター(埼玉県久喜市)と西日本物流センター(兵庫県西宮市)間をトラックで、またMizkanでは関西第二物流センター(同三木市)と関東物流センター(栃木市)間を鉄道とトラックの併用で両社とも片道輸送を行っている。関東・関西間の対象ルートでは、味の素は関東へ輸送する製品が少なく、Mizkanは関西へ輸送する製品がなく、鉄道往復輸送は両社とも単独での実現には至っていなかった。
     3月からスタートする鉄道での往復輸送では、往路(関東から関西)での味の素の久喜物流センターから西日本物流センターへ運び、復路(関西から関東)でMizkanの関西第二物流センターから関東物流センターへ輸送する。同取り組みで、対象ルートのモーダルシフト率は両社合計で約50%となり、約25%のCO2排出量削減が実現する予定。
    ◎関連リンク→ 味の素株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら