Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    全ト協引越部会 札幌で総会開催「引越安心マークの認知度上げる」

    2016年7月19日

     
     
     

     全ト協引越部会(鈴木一末部会長、七福運送)は6月12日、ホテルポールスター札幌で総会を開催し、全議案を承認。役員の変更では、霜村裕氏(センコー引越プラザ)に代わり、金嶋知二氏(センコーリビングプラザ)の就任が承認された。
     全国から部会員29人が参加し、北ト協・札ト協の両引越部会(ともに松橋謙一部会長、山登運輸)の部会員も出席。総会後の研修会では、松橋部会長が「北ト協引越部会の取り組み」、近代経営システム研究所の森高弘純社長が「引越Web一括見積もりサイトに関する対応」をテーマに講演した。


    063003.jpg
     引越事業者優良制度(引越安心マーク)は昨年度、65事業者(160事業所)が認定、総認定数は362事業者(1846事業所)となった。同制度の説明会や周知活動を積極的に行ったほか、標準引越運送約款の改正に向けた活動、引越Web一括見積りサイトに係る諸課題の検討などを進めた。
     鈴木部会長は「引越事業者優良制度の認定事業者の拡大が図れ、事業者には制度の認知が十分進んでいるが、専門機関による調査では、一般消費者への認知度は2割程度と非常に低い。同制度・マークを1人でも多くの消費者に認知していただくよう、協力をお願いする。繁忙期でも、確実に消費者に引っ越し荷物を届けていきたい」とあいさつした。
    ◎関連リンク→ 公益社団法人全日本トラック協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら