Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    京阪電鉄 オープン型宅配ロッカーを設置、関西の駅構内で初

    2016年7月29日

     
     
     

     京阪電気鉄道は7月28日、関西の駅構内で初となる「オープン型宅配ロッカー」を設置すると発表。ヤマト運輸と連携し、駅構内で「オープン型宅配ロッカー(無人受け取りサービス)」での受け取りサービスと、コンビニ「アンスリー」での発送受付業務および店頭受け取りサービスを開始する。
     「オープン型宅配ロッカー」は、Packcity Japanが展開する、複数の宅配事業者が共同で利用できるもので、1日から守口市・寝屋川市・樟葉、8月8日から枚方市の京阪線郊外駅の主要4駅でサービスを開始し、今後、設置駅を拡大する。まずはヤマト運輸の宅急便に対応し、将来的には他の宅配事業者の荷物の受け取りも可能になる予定。


    081810.jpg
     また、駅構内の店舗の運営・管理を行っている京阪ザ・ストアが展開する「アンスリー」で、1日から宅急便の発送受付業務および店頭受け取りサービスを開始。これにより、単身・共働き所帯など不在がちで、自宅で荷物を受け取れなかった際に、通勤・通学途上で駅構内のオープン型宅配ロッカーまたはアンスリー店頭での受け取りが可能となる。
    ◎関連リンク→ 京阪電気鉄道株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら