Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 基本政策委でサイバーセキュリティ学ぶ

    2016年10月14日

     
     
     

     物流連(工藤泰三会長)は9月7日、第19回基本政策委員会(与田俊和委員長)を開催。国交省から重田雅史物流審議官、平嶋隆司物流政策課長が出席した。
     平嶋物流政策課長が最近の物流政策として、(1)石井国土交通大臣が公表した生産性革命プロジェクト(2)10月1日施行の改正物流効率化法(3)平成29年度予算概算要求概要について説明。続いて、(1)国際物流に関する取り組み(2)熊本地震における支援物資輸送(3)農林水産物・食品の輸出拡大③手ぶら観光の普及促進について説明があり、生産性革命や物効法などに関して活発な質疑が行われた。
     また、事務局から平成28年度物流連の活動報告の概要などの説明があり、 最後に物流連が最近公表した「トラック幹線輸送における手荷役実態アンケート調査報告書」 「日本の物流の強みを確認し、その普及を図るための調査報告書」の紹介があった。


    092504.jpg
     委員会終了後、国交省の竹田浩三大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官が政府の「サイバーセキュリティ対策」、JPCERTコーディネーションセンターの有村浩一常務理事が「サイバー攻撃の事例とその被害、そして対応について」をテーマに講演した。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら