Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日倉協 物流フォーラムに全国から300人が集結

    2016年12月22日

     
     
     

     日本倉庫協会は11月11日、各地の倉庫事業者を対象とした物流フォーラムを神戸市内で開催。全国から約300人の経営者らが出席した。
     全国13地区の委員の報告では、東京オリンピックや建設・計画中の高速道路・港湾設備が相次いで紹介され、入庫を含めた今後の物流需要を見越していた。また、各地に計画されるテナント型の大型物流施設について、「平成30年まで3年間に建設される総延べ床面積が、今の会員の総延べ床面積とほぼ同じ」(近畿倉庫協会)、「脅威となっている」(東京倉庫協会)などの危機感が示された。
     その一方で、「施設の借り手として共存が必要」(同)との意見もあった。また、「トラック運送事業者から集荷時間の早期引き渡しの要請があり、大きな懸案になっている」など、サプライチェーン全体での最適化が課題とする見方も示された。


    120814.jpg
     フォーラムはこの後、作家の井沢元彦氏による基調講演や、労働力不足・災害対応など四つの観点の分科会を催すなど、「倉庫業の更なる活路」を考えた。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本倉庫協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら