Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    CBRE 中部圏物流施設のマーケットレポートを発表

    2016年12月13日

     
     
     

     CBRE(東京都千代田区)は12月8日、「中部圏物流マーケット・アウトルック」レポートを発表。同レポートは、中部圏の大型マルチテナント型物流施設(LMT)マーケットの変遷を解説するとともに、18年までの空室率と、実質賃料指数の予測をまとめたもの。
     同圏では、これまでLMTの開発が進まず、16年第3四半期時点の空室率はゼロとひっ迫した状況。愛知県の製造業出荷額は全国1位で、人口も引き続き増加しており、今後も工業系、消費財系の両面で物流需要が見込まれるとしている。

     また、今後2年間で15万坪の新規供給予定があるが、これは、16年第3四半期時点のストック面積とほぼ同等のボリューム。潜在需要からみて物流施設の過剰感はないと予想している。 



     空室率は、供給が集中する17年第2四半期に15%程度まで上昇すると予想。しかし、その後は18年にかけて低下傾向が続き、同年第4四半期時点には9%前後で落ち着くと見込んでいる。
     実質賃料は14年後半から上昇ペースが加速。16年第3四半期時点では1坪あたり3410円で、ボトムから17%上昇。今後もゆるやかながら上昇は続くと予想している。
         
    ◎関連リンク→ CBRE

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら