Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「トラック運転者8186名の証言」賃金格差に広がり

    2017年1月31日

     
     
     

     運輸労連(難波淳介中央執行委員長)は、昨年5月12日に行った「組織拡大全国統一行動」の一環として、毎年恒例のアンケート調査を実施。全国のSA・PAで、トラックドライバーを対象に生の声を集め、「トラック運転者8186名の証言」として冊子を発刊した。
     アンケートの有効回答数は8186人で、内訳は「正社員」87.7%、「契約社員またはパート社員」8.8%、「試用(試雇)期間中」1.3%、「その他」1.6%、「無回答」0.7%。正社員の比率は昨年から4.0ポイント増加しており、「20歳代」では「正社員」が74.0%(昨年比4.3ポイント増)、「契約社員またはパート社員」18.2%(同2.6ポイント減)となった。
     年齢を見ると、「40歳代」37.6%(同1・7ポイント増)、「50歳代」26.4%(同0.8ポイント増)と回答数の4分の1以上を占め、「60歳代」は7.5%(同0.2ポイント増)となった。一方、「30歳代」は21.6%(同1.4ポイント減)と確実に高齢化が進んでいることを示す結果となった。


    122321.jpg
     年収は「300万円以下」が20.4%(同1.5ポイント減)、「701万円以上」が1.3%(同0.1ポイント増)と、わずかながらも改善の兆しをみせたが、地域別でみると「300万円以下」は北海道(31.8%)、東北(33.1%)と2地域で6割以上を占め、地域格差が明らかになっている。
     保有台数でみる企業規模別でも「30台以下」の35.6%が「300万円以下」で、その中でも「5台未満」は44.1%、「5台」は42.4%。「101台以上」で「300万円以下」は11.8%と、規模別でも格差は広がっている。
     残業時間と賃金支給の差では、「実際の残業時間で支給されている」は52.9%(昨年比1.0ポイント増)となったが、「残業しても支給されない」も14.2%(同1.0ポイント増)。残業時間自体は「4月」に限定した場合、「20時間まで」と「60時間まで」を合わせると60.1%(同0.3ポイント増)。「100時間まで」は12.6%(同1.4ポイント減)。「101時間以上」は3.7%(増減なし)という結果だった。
     同調査では「連続運転」や「過積載運行指示の有無」などの運行環境、「アルコールチェッカー導入状況」「点呼の実施有無」など基本的な事故防止にまつわる労働環境などについても調査している。
    ◎関連リンク→ 全日本運輸産業労働組合連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら