Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大ト協 人材確保と業界PR、互幸運輸で中学生が職業体験

    2017年3月28日

     
     
     

     大ト協が主催した、中学生の職業体験が1月25日から27日の3日間、門真市の互幸運輸(池田泰則社長)で行われた。大ト協が昨年から事業として行っている人材確保・業界PRの一環で、昨年には中学校を訪問しての出前授業と、物流施設見学を実施している。今回、同市立第四中学校の2年生3人が職場体験を行った。
     互幸運輸が中学生の職場体験を受け入れるのは初めて。実施企業は、支部の推薦で決定した。働く人と接することで社会的なマナーやルール、働くことの意義を学び、働くことの楽しさと苦労を体験することで、将来の職業を考えるきっかけとすることが、職場体験の目的だ。
     生徒へのあいさつで池田社長は、「当社には地元・門真市の中学校出身者が多い地域密着の会社。普段、何気なく見ているトラックに触れる機会はなかなかないので、ぜひ興味を持ってもらいたい。運送業に関して分からないことも多いと思うが、3日間でたくさん学んでもらいたい」と述べた。


    022502.jpg
     1日目は大ト協交通・環境部の佐藤高司部長と坂本剛主幹が、「まるわかりトラックミニ百科」をもとに、トラックや物流などについて説明。全ト協制作の「未来への道~トラックドライバーからのメッセージ~」が上映され、ドライバーの日々の業務、仕事のやりがいなどについて学んだ。
     府内にトラック運送事業者が約5400あることを教えられた生徒からは、驚きの表情が見えた。また、休憩中は生徒の好きな自動車の話で盛り上がるなど、なごやかな雰囲気となった。
     午後からは同社の村上優統括部長から取扱業務などについて学び、一度に最大4本の電話に対応する姿に目を丸くしていた。
     2日目は、同社で洗車や整備などを体験。3日目には、協会からの修了証が生徒に手渡された。
    ◎関連リンク→ 一般財団法人大阪府トラック協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら