Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    矢板南産業団地 関東ー東北の中継地点として注目

    2017年5月18日

     
     
     

     栃木県企業局が分譲に注力している矢板市こぶし台の「矢板南産業団地」。東北自動車道矢板ICに直結した産業団地で、国道4号へも約1kmとアクセスが良好なため、関東から東北エリアをカバーする物流の中継地点として注目されている。
     すでに、福山通運、関東西部運輸(千葉県野田市)、髙野商運(栃木県さくら市)などが入居している同団地は、東京から約150kmで宇都宮とも近い。冬の降雪量がほとんどなく、年間を通して気候が安定していることも特長だ。


     現在、1.22ヘクタールから3.03ヘクタールの5区画が分譲中で、価格は1平方mあたり9800円〜1万1700円。優遇制度も充実しており、栃木県と矢板市双方で進出企業を積極的に支援している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら