Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 成田と羽田でAS9120を取得

    2017年4月21日

     
     
     

     日本通運はこのほど、成田空港と羽田空港の両拠点で「AS9120」認証を取得し、対応拠点を拡張したと発表。
     「AS9120」は、品質の国際規格「ISO9100」に、欧米の国際航空宇宙品質グループ(IAQG)独自の要求事項を補完した規格で、米国で制定されている「AS9100」シリーズの一つ。部品の保管、配送を行う組織に適用され、物流事業者のほか卸売業者・商社などが対象。同認証でフォワーダーとして初めての取得となった。


     認証取得拠点は、日本通運では従来の原木インターナショナルロジスティクスタウン、中部空港物流センター、名古屋北ロジスティクスセンターに、成田センター(成田空港物流センター、成田空港第二および第三物流センター)と羽田センターも加わった。米国日通はロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、アトランタ、ダラス、マイアミ、シアトルが、フランス日通はパリとトゥールーズ。登録範囲は、空港・宇宙・防衛製品の入出庫および輸送業務、輸出入貨物取扱業務。
    ◎関連リンク→ 日本通運株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら