Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運送事業者の駐禁対策 OBを再雇用し横乗りバイトに

    2017年6月2日

     
     
     

     大手宅配会社ドライバーが駐車違反の身代わりとして知人を出頭させた疑いがあるとして、同社営業所が家宅捜索された事件が昨年起こった。ドライバーは乗務か外されること、いわゆる「下車勤」を恐れて身代わりを出頭させたという。大手物流会社でも問題となる駐禁対策だが、手をこまぬく事業者も多いのではないだろうか。
     そんななか、ドライバーを引退したOBを駐禁対策の助手として再雇用しているのが大阪府の事業者だ。
     同社ではOB同士で定期的に交流の機会を設けるなど、OBになった後も会社とのつながりが深い。「駐禁のアルバイト以外にも、敷地内の植木の手入れや社内行事などにすすんで参加してくれる。普通なら定年退職した後は会社と関わり合うことはないが、今いる社員も『OBがいたからこそ今がある』という感謝の念があるので、信頼関係が成り立っている」という。


     駐禁の横乗りに関して、別の事業者は厳しい意見を寄せる。
     「いつもしわ寄せがくるのは現場。現場を知らない者がルールを作るから、現状にそぐわないルールになってしまう」。また、「横乗りのアルバイトの分、余計に人件費を払える会社は多くない。運送事業者にとって柔軟な法律になれば」と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら