Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    環境技術 アリソンAT搭載車を導入

    2017年6月8日

     
     
     

     青森県八戸市を中心に一般・産業廃棄物の収集・運搬・処分を手掛ける環境技術(倉成諭社長)は、アリソン社製オートマチック・トランスミッション1000・2000シリーズを搭載した日野レンジャーがベースの塵芥収集車、ダンプ、道路清掃車など4台を導入している。深刻化するドライバー不足やMT車による事故増加への対応、ドライバーの疲労軽減がねらいで、導入から2年が経過し、事故率の低減と大幅な作業効率の向上が実現しているという。
     同社の林敏次業務部長は、「早朝から始まる収集では、ドライバーの安全確保と疲労軽減が重要な課題」と説明。
     「路面凍結の多い地域で、ドライバーが安全かつ安心して業務に従事できるようアリソンAT搭載車を導入したが、現場からその恩恵を実感する声が多数上がってくるようになった」という。


    042609.jpg
     「狭い道での煩雑なシフト操作が不要になり、廃棄場所での微速走行が格段に楽になった」とし、「車両総重量 11.8トン以下のトラックでは唯一『Pレンジ』が設定されているため、坂道で作業中の車両の後退を防止でき、作業効率が向上している」
     メンテナンスの面では、「MT車はドライバーのくせや運転技術の差で部品の磨耗具合が異なり、保守点検コストに大きく影響するが、AT搭載車はドライバーの技量を問わず計画的に点検できるため計算がしやすい」と評価。「最近ではMT車の運転に慣れないドライバーが増え、彼らの技能研修にかかる期間やコストも課題だった」とし、「燃費もMTと大差なく、メンテコストの低減やドライバーの安全確保、疲労軽減といった利点は、AT車の初期投資を十分相殺している」
     同社では、今後代替えするトラックには順次、アリソン製AT搭載車にする予定だという。
    ◎関連リンク→ 環境技術株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら