Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    タカラスタンダード 福岡物流センターが完成

    2017年6月1日

     
     
     

     タカラスタンダード(渡辺岳夫社長、大阪市城東区)は4月26日、九州エリアの配送を担う福岡物流センターの完成を発表した。
     この物流センターは鞍手郡の同社工場内に30億円をかけて新設、4月6日に竣工式が行われた。


     ホーローをメーンとするシステムキッチンやシステムバスなど、住宅設備機器メーカーのタカラスタンダードでは物流の高効率化を目指し、新物流センターに倉庫管理システム(WMS)を導入。施設の設計も搬入・搬出の流れがよりスムーズになるよう、倉庫3面に独特な形状のトラックバースを配置することで、従来の2倍のトラック台数が同時入出庫可能となった。
     また、自動倉庫と垂直搬送機の連結など、様々な工夫を随所に凝らし、1日あたりの出荷能力を約1.2倍に増強した。延べ床面積は約2万4200平方m(従来の2倍)、高床式・5階建て。搬送用エレベーター2基、パレット品用垂直搬送機は4基を設置。本格稼働は5月8日から。
    ◎関連リンク→ タカラスタンダード株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら