Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省 「災害通行実績データシステム」運用開始

    2017年6月20日

     
     
     

     国交省は5月31日、ITSJapanと民間が保有する通行実績データ(いすゞ自動車、ボルボグループUDトラックス、本田技研工業、パイオニア、トヨタ自動車、日産自動車、 富士通)の災害時の提供についての協定を締結した。これにより、ETC2.0と民間データの双方を集約した「災害通行実績データシステム」の運用を開始し、災害対応の強化を図る。


     対象エリアは、災害が発生している地域を含む約80km四方のエリア。同省では「昨年4月に発生した熊本地震では、ETC2.0の通行実績データとパトロールによる被災確認情報などを用いて、通行できるマップを作成。関係機関で共有し、緊急物資輸送などの災害対応を実施した。熊本地震以降、ETC2.0だけではなく、民間(トラックなど)が保有するデータも活用することによって、より高密度で高精度な通行実績データを実現するために、民間会社との調整やシステム改修を進めていた」としている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら