Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ファミマとサークルKサンクス 物流拠点の統合が完了

    2017年7月25日

     
     
     

     ファミリーマートは7月6日、2月の商品統合に続き、6月末をもって同社とサークルK・サンクスの物流拠点の統合が完了したことを発表。昨年9月の経営統合から10か月で完了した。
     現在、ファミリーマートでは協業パートナーを含めたサプライチェーン全体の構造改革を進めており、中食商品を製造するデイリーメーカーによる設備投資を16年度からの3年間で350億円規模で進め、商品の質の向上と効率化を図っている。具体的には、多種多様な商品を作っている総合工場を米飯専門、チルド専門など温度帯別工場へ順次移行し、製造アイテム数の削減を図ることで、商品の品質と製造効率の向上を図る。


     従来は、ファミリーマートとサークルK・サンクスそれぞれの配送センターから各店舗に商品を配送していたが、本統合の完了により、看板にかかわらず同一の配送センターから最適ルートを通じて、ファミリーマート店舗・サークルK・サンクス店舗への配送が可能となる。効率的な配送が可能になることで、物流コストの削減も図れ、より品質の高い商品の提供につなげるとともに、トラック台数の削減にともなうCO2排出の削減などの効果も期待できるとしている。
    ◎関連リンク→ 株式会社ファミリーマート

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら