Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    三菱ケミカル物流と日本トランスシティ 共同で合弁会社設立

    2017年8月14日

     
     
     

     三菱ケミカル物流(福田信夫社長、東京都港区)と日本トランスシティ(小川謙社長、三重県四日市市)は7月6日、四日市市にケミカルワークステーション事業を目的とする合弁会社を共同で設立したことを発表した。
     三菱ケミカル物流の化学品取り扱いノウハウと、日本トランスシティの四日市地区における物流基盤を融合させ、また、輸出入液体化学品の取り扱いに着目し、これに関わる一連の作業を系統的に捉えたサービスをケミカルワークステーション(CWS)事業と位置付け、 同地区で推進していく。


     新たに設立された合弁会社(四日市ケミカルステーション、清水修一社長)が行う具体的な業務内容については、内外の状況を見極めながら、他社との提携も含めて検討を行っていくとしている。
    ◎関連リンク→ 三菱ケミカル物流株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら