Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省 宅配個数が7.3%増

    2017年7月30日

     
     
     

     国交省は7月28日、宅配便の取扱個数を発表。平成28年度の宅配便取扱個数は40億1861万個(うちトラック運送は、39億7780万個、航空等利用運送は4081万個)。これを前年度と比較すると、2億7367万個、7.3%の増加となり、前年度に引き続き増加となった。
     宅配便(トラック)取扱個数は、これまでと同様にインターネットを利用した各種通信販売サービスの需要拡大などにより、全体として増加となった。
     便名ごとのシェアをみると、トラック運送は、上位5便で全体の99.8%を占めており、 さらに「宅急便」「飛脚宅配便」「ゆうパック」の上位3便で93.4%を占めている。また、航空等利用運送については、「飛脚航空便」「宅急便タイムサービス等」「フクツー航空便」 及び「スーパーペリカン便」の4便で全体の39.1%を占めている。


     メール便取扱冊数は、52億8960万冊。 これを前年度と比較すると、2566万冊、前年度比0.5%の増加となっている。また、メール便のシェアをみると、「ゆうメール」「クロネコDM便」の上位2便で96.5%を占めている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら