Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アイリスオーヤマ 鳥栖第2工場を増設

    2017年10月4日

     
     
     

     生活用品製造卸のアイリスオーヤマ(仙台市、大山健太郎社長)は9月13日、鳥栖第二工場増設の起工式を行ったと発表。
     同工場にはLED照明の生産ラインと4万パレットを収容できる自動倉庫を新設する。現在、同社が持つ国内の自動倉庫は約20万パレットの収容力があるが、今回の増設により、鳥栖工場全体で約6.4万パレットの収容力を持つ国内最大規模の工場となる。同工場(増設部)の敷地面積は34224平方m、竣工時期は来年7月を予定。


     同社では、家電事業で売り上げと利益を大きく伸ばしており、地域密着の拠点戦略を展開しているLED事業でも競争力が向上している。2017年度は単体売上高1550億円(前年度比127%)、経常利益10%の達成を目指している。
    ◎関連リンク→ アイリスオーヤマ株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら