Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    エバラ食品工業 栃木物流センターが稼働

    2018年2月20日

     
     
     

    エバラ食品工業(宮崎遵社長、神奈川県横浜市)およびグループ会社のエバラ物流(中原敬三社長、同市)は昨年11月15日から、「栃木物流センター」(栃木県さくら市)の稼働を開始した。

    鉄骨造り地上2階建ての新物流センターは延べ床面積6152平方mで、栃木工場の生産量増加を見込むとともに、生産品目の多様化に対応するために新たに建設されたもので、保管能力が約1.4倍に向上する。

    エバラ食品栃木工場敷地内に新設された物流センターでは、「パレタイザー(段ボール箱などをパレット上に自動的に積載する装置)による積み付け、自動搬送台車での自動倉庫への搬送・保管までの工程を全てオートメーション化し、省力化を実現した」という。

    ほかにも、自動倉庫に加えて平置きスペースも同時活用する機動的な運用を図ることで、作業性を向上させるなど、効率的な物流体制を構築。さらに、耐震構造を採用するなど、全天候に対応した物流品質の向上を可能にした。

    ◎関連リンク→ エバラ食品工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら