Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    関交共理事会 無料ロードサービス開始、レッカー搬送費を負担

    2018年5月29日

     
     
     

    関東交通共済協同組合(千原武美理事長、東京都新宿区)は5月15日、第149回理事会を開催し、平成29年度事業報告や決算、同30年度事業計画や予算について審議し、議案通り承認した。

    決算では、正味共済掛金収入58億6878万円など経常収益162億767万円を計上する一方、支払共済金39億2672万円など経常費用153億578万円を計上、経常利益は9億188万円となり、当期純利益は9億135万円を計上した。

    関交協では、組合員へのサービス向上と、新規組合員の増大を図るため、30年度から新たな取り組みとして、無料ロードサービスを開始する。同サービスは、故障時におけるレッカー搬送費を、1回20万円を限度として関交協が負担するもので、対人・対物・車両・搭乗者の共済4種目の契約がある車両が対象となる。

    ◎関連リンク→ 関東交通共済協同組合

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら