Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JL連合会 85事業所が認定

    2018年7月12日

     
     
     

    JL連合会は6月21日、平成29年度JL認証認定結果を発表。同制度は、同会のシステムを利用する所属員の品位と品質を向上させ、システムの安心利用を促進すると共に、所属員同士の団結・結束を強め、同会の発展に寄与することを目的とした制度で、平成24年度からスタートした。「安全」「環境」「コンプライアンス」「社会貢献」「JL活動」の5項目に対して、規定の水準に達しているかどうかで審査され、有効期間は2年間。

    第6回となる平成29年度は全国で85事業所が認定を受けた。これにより、前回認定分と合わせて「JL認証制度認定事業所」の数は、全国で339事業所となり、同会全体での認定取得率(組合員別)は、20.9%となった。地域別に見ると、中国四国が取得率46.5%、九州沖縄が38.1%(ともに組合員別)。組合別に見ると、九州沖縄が91.7%、東海北陸が86.7%となっている。

    全体の平均点は85.6点。審査項目ごとの平均点では、5つの項目のうち「【B】環境に対する取り組み」の平均点が低く、組合員ごとの得点状況のバラつきが最も大きい結果となった。認定組合員の得点傾向を見ると、85から89点が全体の45.9%と最も多く、次に多かったのは75から79点で全体の17.6%を占めるという結果になった。

    ◎関連リンク→ 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら