Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    人材確保対策コーナー 運送業の利用低調

    2018年6月28日

     
     
     

    厚生労働省は運輸をはじめ福祉、建設、警備の人材確保ニーズが高い分野に特化した総合専門窓口「人材確保対策コーナー」を開設。6月1日現在で47都道府県にある84か所のハローワークに設置している。広島県では昨年4月のハローワーク広島東に続き、今年4月には同福山にも同コーナーが置かれている。

    広島東の利用状況について担当者は「運輸業界の利用は非常に低調。事業者からの相談もほとんどない」とし、イベントの開催もないという。

    他業界では福祉が設置からの1年間で数回、合同企業説明会や企業見学などを行った。また、警備や旅客運送事業者の合同説明会が企画されているという。

    一方、ハローワーク福山の担当者によれば「利用者は福祉が多く、運輸の事業者からの相談は数件」というが、「運送業に興味があり、一般の相談窓口に来た求職者が同コーナーで仕事を紹介してもらったケースもあった」と話す。

    福山独自の取り組みとしては、建設業界が同ハローワークの会議室で3社ほどが参加してミニ面接会を開催。未経験者も含めて求職者が訪れたそうで、運輸業界でも同様の機会を設けたいとの企画もあるという。

    人材不足の解消に向け、行政と事業者のさらなる連携が必要だ。また、同コーナーの活用を促す周知方法の見直しも必要だろう。

    ◎関連リンク→ 厚生労働省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら