Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    新日鉄興和不動産 尼崎と越谷に物流センター開発へ

    2018年9月10日

     
     
     

    新日鉄興和不動産(東京都港区)は8月8日、兵庫県尼崎市で関西エリア第1弾となる物流施設「ロジフロント尼崎」、埼玉県越谷市で関東エリア第2弾となる「ロジフロント越谷Ⅱ」を開発すると発表した。

    同社は、物流施設「ロジフロント」シリーズを展開しており、2017年12月1日に埼玉県越谷市で第1弾となる「ロジフロント越谷I」を着工している。今回、関西と関東で2物件の開発を決定し、物流施設事業の拡大を図る。

    ロジフロント尼崎は、大阪市中心街から8km圏内に位置し、阪神高速道路尼崎西ICから3km、名神高速道路尼崎ICから2kmと、関西エリア全体を網羅する広域配送の物流拠点として適した立地。計画地周辺は尼崎市内陸部に位置し、雇用確保に優れる。施設は1階の両側にバースを配置した計画を想定しており、専用物流(BTS型)施設として19年3月に着工する予定となっている。

    ◎関連リンク→ 新日鉄興和不動産株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら