Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    傭車先から引き抜き行為 専属配送コースが廃止に

    2018年9月6日

     
     
     

     人材不足は、どの業界でも深刻化し、特に中小・零細企業では人材集めに苦労している。そんな中で、大手運送会社に専属傭車として車両を手配していた大阪府和泉市の運送A社では、長年にわたり、専属傭車として配送を行っていたドライバーを引き抜かれ、そのドライバーが担当していた専属配送コースまで断られるという常識では考えられないトラブルが発生した。

     A社によれば、30歳代前半のドライバーを4トン車で大手運送会社に専属で配送を行っていた。そのドライバーは、専属傭車先の大手運送会社の指示がなくても配送できるほど業務内容を理解しており、A社も大手運送会社も、このドライバーに信頼を置いていた。今春、A社幹部がこのドライバーから、専属の大手運送会社の所長から「当社に勤務しないかと誘われている」との報告を受け、A社はその所長に確認したところ、「冗談で誘ったつもりで御社の大事なドライバーを引き抜かないよ」と説明されていた。

     その後もA社は継続して、このドライバーを大手運送会社に専属として配車し続けていた。しかし今夏になって突然、ドライバーが退職を希望したため、A社幹部はドライバーに理由を聞くと「よくよく考えたが、大手運送会社は自分を必要としていて、さらにあれだけ大きい運送会社からの誘いは自分にとって非常に光栄で、A社を退社して大手運送会社に勤務したい」と告げられた。

     このため、A社幹部は、すぐに専属傭車先の大手運送会社所長に連絡したところ、「本人が当社に勤めたいと言い出し、来たいなら来ればと答えただけ。こちらから誘っていない」と話したという。再びA社退職を申し出たドライバーに聞くと、「度々、大手運送会社の関係者からも当社に来たらいいのに、という言葉を掛けられていて、大手運送会社に勤務したくなった」と説明した。

     これをA社幹部は社長に相談したところ、社長も「本人が当社を辞めて大手運送会社に勤務したいと希望するなら仕方ない」とのことで、退職を認めた。その後、新たなドライバーの手配が必要と感じていた矢先に、大手運送会社から、今まで行っていたA社配送のコースが不要となったので専属傭車を断ってきた。A社としては、人は引き抜かれる、仕事はなくなるなど、「あまりにもひどい行為」と怒りを露わにしている。

     A社幹部は「出入り先や取引先のドライバー・仕事を取るのは業界では絶対にしてはならない行為だが、昨今では大手運送会社でも平気でルールを破る時代。大手運送会社は、忙しい時に今でも傭車を依頼してくるが、車両があっても『ありません』と言って手配しない。法律的には問題ないのは分かるが、人道に反する行為で怒りが納まらない」と話した。

     最近はA社で発生したトラブルに似た行為も多いようで、長年取引しているとドライバーも取引先となれ合いになり、こういった行為も発生しかねない。そのため、人材不足で難しいと思われるが、出来るだけ配置転換なども必要なのかもしれない。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら