Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    Yper 置き配バッグで再配達6割削減

    2019年3月11日New!!

     
     
     

    物流系ITベンチャーのYper(イーパー、東京都渋谷区)は2月6日、日本郵便と共同で実施した置き配バッグOKIPPA(オキッパ)の実証実験結果を公表。OKIPPAバッグを活用することで、約61%の再配達の削減に成功したと発表した。

    昨年12月の1か月間、東京都杉並区の1000世帯に置き配バッグを無料配布して、再配達の削減効果を検証した。今回の実証実験期間中に、アンケート集計ベースで約6000個の宅配物が配送され、参加者の初回配送時不在率は51%であった。結果は、OKIPPAを設置したことで期間中の再配達率を最大61%削減することに成功した。期間中、いたずらや盗難などの問題は発生しなかった。一方、4割近く再配達が残った要因として、お歳暮のシーズンで宅配ボックス預け入れ不可の食料品が多かったことや、年末で大型の荷物が比較的多くなっていたことが挙げられる。

    ◎関連リンク→ Yper株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら