Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大和ハウス工業北海道支社 DPL札幌東雁来で施設見学会など実施

    2019年3月13日New!!

     
     
     

    大和ハウス工業北海道支社は2月6日、マルチテナント型物流施設「DPL札幌東雁来」で「冬期施設見学会・物流セミナー」を開催。物流事業者や荷主企業が参加した。

    同施設は2018年1月末に竣工。敷地6万1600平方m、延べ床面積6万5700平方mで、鉄骨造り2階建ての大型物流センター。札樽自動車道「雁来IC」まで約2.5km、道央自動車道「札幌IC」まで約4.1kmの好立地。8区画のうち5区画が既に契約されており、参加者は未契約の区画と共用部分などを見学した。

    同社では「IC至近で北海道全域を視野に入れた物流の利便性が高く、また、札幌市内への配送にも適している」と紹介した。

    物流セミナーでは、Hacobu(東京都港区)の取締役COOの坂田優氏が「物流センターにおける待機時間削減に向けた取り組みと、物流のデジタル化について」と題して講演。物流業界ではまだ紙・電話・ファクスなどアナログ利用の情報伝達が多く行われ、デジタル化が進んでいない現状を指摘し、同社が展開する物流情報プラットフォーム「MOVO」を紹介。トラックの回転率・積載率の向上、物流拠点での手待ち時間削減に寄与するとした。

    ◎関連リンク→ 大和ハウス工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら