Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 マレーシア日通でTAPA認定取得

    2005年2月16日

     
     
     

     日本通運は16日、同社のマレーシアにおける現地法人・マレーシア日本通運(作道誠見社長)が、クアラルンプール空港支店において、昨年12月17日に航空貨物取扱いの警備安全基準である「TAPA基準 Class A」の認定を受けたと発表。
     TAPAは、警備の専門家とハイテクや家電関係企業の警備担当者が参画する非営利団体のことであり、1997年に米国で設立され、アジアでは2000年から活動を開始している。このTAPAによる基準は、輸送産業で安全性を高めるためにも使用されており、世界中で警備・安全の実践手法における最高峰のガイドラインとして知られている。最近ではハイテク関連の顧客企業を中心に、輸送業者に対しTAPA基準を満たすよう求められるようになってきている。
     今回、マレーシア日通クアラルンプール空港支店でTAPA認定を取得したが、同社ではペナン支店においても本年春頃の取得に向けて取り組みを始めている。
     

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら