Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東洋ゴム工業 CO2排出量削減めざし新物流を開始

    2005年9月20日

     
     
     

     東洋ゴム工業は20日、物流部門でのCO2排出量削減を目的に、トクセン工業(兵庫県小野市)、楠本運送(東大阪市)と新物流を開始することで合意したと発表。
     現在、トクセン工業は小野市から東洋ゴム工業桑名工場に、タイヤの部材となる特殊鋼線を毎日納入しており、東洋ゴム工業は桑名工場から小野市に近い神戸市西区に新設した「トーヨータイヤ関西配送センター」に、毎日タイヤを配送する予定。従来は、調達物流と製品物流が個別にトラックの配車を行っていたため、桑名工場に納入する車両は空で帰り、タイヤを積む車両は空で工場に入ってくる現象が発生していた。
     今後、楠本運送の協力のもと、工場に入ってきた納入車両にそのままタイヤを積むことで、トータルでの積載効率が向上。工場への出入り車両削減により、04年度物流部門でのCO2排出量の約2.3%削減が可能となる。
     同社では国内事業所からのCO2排出量削減目標を、「中期経営計画05期間中に1万5000トン削減」「10年末までに90年比12%削減」と定めている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら