Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    川崎汽船 米国関連会社が物流センターを設立

    2005年11月21日

     
     
     

     川崎汽船は21日、同社の米国関係会社であるユニバーサルウェアハウス社がこのほど、米国北西岸(ワシントン州アーバン市)に新倉庫をオープンし、営業を開始したと発表。タコマ港とシアトル港の中間に位置し、主要幹線道路に近いため、米国内陸部へのアクセスが便利。すでにロサンゼルスで展開している倉庫と同様に、ゲートポートでの柔軟性を生かしたサービスを提供する。
     総床面積は約5600平方メートルで、スプリンクラーが装備されており、24時間のビデオ監視、防犯ベル及び巡回警備の防犯対策をとっている。トランスロード、クロスドッキング、保管、ディストリビューション、ピックアンドパック、受注に基づいた配送手配、組み立てや札付けなどのプロジェクト、検品・品質検査等の付加価値サービスを提供する。
     ユニバーサルウェアハウス社は1986年、カリフォルニアに設立された。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら