Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    内田洋行 韓国・釜山に戦略拠点を開設

    2006年5月25日

     
     
     

     内田洋行はこのほど、韓国・釜山に物流を中心とした複合機能を持つ戦略拠点を開設した。
     釜山では、韓国政府が北東アジアの物流ハブを目指し、国家プロジェクトとして釜山新港の開発を推進。今回、内田洋行は、釜山新港CFS(コンテナ混載物流倉庫)の第一号荷主となった。
     同社では、同CFSの運営会社「大宇ロジスティクス」と物流基本契約を締結。既存商品の調達・物流の再編を手始めに、今後は最終組み立て加工・検品といった付加価値業務の稼働などを進めていく。また、同拠点を運営する新会社を設立し、拠点業務のオペレーション体制を確立していく。
    ◎関連リンク→内田洋行

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら