Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    川崎汽船 陽明海運とアジア・地中海航路を改編

    2006年11月7日

     
     
     

     川崎汽船は7日、今月から陽明海運と共同でアジア・地中海航路を改編することを発表した。
     現在、同社は陽明海運と共同で4300TEU型コンテナ船七隻(川崎汽船五隻、陽明海運二隻)を投入してAMS2サービスを運航する一方、陽明海運は2000TEU型コンテナ船六隻を単独配船してAMSサービスを運航。 十九日以降、北欧州航路に現在就航中の5500TEU型コンテナ船を順次投入することで、二ループを一ループに統合する。
     なお、改編後の新サービスは現在のAMSおよびAMS2サービスの寄港地をすべてカバーする。
    ◎関連リンク→川崎汽船

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら