Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    DHLジャパン 「中部国際空港ゲートウェイ」に自動仕分け装置導入

    2007年12月12日

     
     
     

     ディー・エイチ・エル・ジャパン(DHLジャパン)は12日、通関や保税倉庫機能を持つ同社専用上屋「中部国際空港ゲートウェイ施設」に、貨物の自動仕分け装置を導入した。
     同装置の貨物処理能力は1時間あたり7500個で、従来の手作業に比べて約3倍に拡大する。同装置の導入で、対中物流を中心とした中部エリアの貨物量増大に対応するほか、貨物処理をスピード化することでサービス向上を図る。
    ◎関連リンク→DHLジャパン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら