Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    成和産業 尾道流通団地内に物流センターを新設

    2008年2月4日

     
     
     

    アルフレッサホールディングスは1月31日、子会社の成和産業(広島市西区)が、中国地域での物流拠点として、尾道市の尾道流通団地内に物流センターを新設すると発表。
    取引メーカーのフルラインによる品揃えを活かし、ローコストで高品質な物流体制を構築することが目的。
    敷地面積は2万5,088m2(7,589坪)、鉄骨造3階建てで延床面積は1万5,920m2(4,816坪) 。
    設備投資額は総額46億円。
    今年3月に着工し、来年5月の稼働を予定。


     アルフレッサグループでは、07年4月から10年3月までの中期経営計画での取り組みの一つとして、グループ物流体制の見直しを掲げている。
    この取り組みに基づき、アルフレッサが昨年5月に「目黒医薬品センター」を、12月に「神奈川物流センター」をそれぞれ稼動。四国アルフレッサも、今年5月からの稼働を予定する「四国物流センター」の建設を進めている。
    関連リンク:アルフレッサホールディングス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら