Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「原油高」原因の倒産が増加、帝国データバンク調べ

    2008年4月16日

     
     
     

     データバンクは八日、全国企業倒産集計を発表した。
     それによると07年度の倒産件数は1万1333(前年度比18.4%増)で、01年度以降で最多となっている。負債総額は5兆5300億円(同5.2%増)。
     07年度は原油価格高騰や改正建築基準法などの影響が中小・零細企業に大きく影響。倒産件数は小売業や建設業など、8つの業種すべてで2桁の増加率となっている。


     最も影響が大きかったのは運輸・通信業で、原油高による倒産は299件(同28.8%増)。軽油価格の値上がりを輸送価格に転嫁しきれず、倒産件数は前年度比の2倍強を記録した。
     負債規模別にみると、1億円未満の中小・零細企業の倒産は6798件(同20%増)で全体の約6割を占め、約8割が販売不振や売掛金の回収難などが原因の「不況型」となっている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら