Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    クリナップロジ「支線業者品質会議」改善施策を協議

    2008年7月2日

     
     
     

     クリナップロジスティクス(大竹重雄社長、東京都千代田区)では年2回程度、運送協力会社とともに、物流品質の向上施策や意見・情報交換する「支線業者品質会議」を行うが、今回は21日、本社で開催された。
     支線配送に携わる20数社が出席、同社からは本社統括部の豊田敏彦担当次長、同顧客サポート課の富樫巧課長、鈴木良典係長が参加した。


     会議では、各プラットフォームの配送量や積載効率、一車当たりの料金単価などを報告。傷や誤配送、クレームなどの異常報告について原因追及や改善策を協議。各社の取り組みやノウハウを双方向で意見交換し、「ミスの原因を把握していなければ、改善の方法が見つからない」と徹底した再発防止策を求めるやりとりもあった。
     このほか、納品や傭車・派遣バイトの作業手順の厳守事項や、不在納品時の対応などを確認、新しい荷役機器の紹介も行われた。
    cshisen2.jpg

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら