Now Loading...
 
  • 労務管理

    残業代未払い請求、和解か裁判か 請求額の倍の金額に…

    2019年5月2日

     
     
     

    運送会社では残業代未払いに関するトラブルが多く発生し、一部の運送会社では裁判にまで発展しているケースもある。

    実際に、裁判になった会社と、裁判までには至らず話し合いで和解したという運送会社に話を聞くことが出来た。

    大阪府堺市に本社を構える運送A社は今から2年前、長年勤めたドライバーから未払い賃金の請求を受けた。

    同社は10人未満の運送会社であったことから、就業規則の労働基準監督署への提出義務がないため作成せず、ドライバーにも周知徹底を図らなかった。

    さらに、給与明細に残業賃金の記載が全くなかったことから、2年間さかのぼって残業賃金を求められ、地方裁判所で争った。

    同社にとっては不利な内容ばかりで、弁護士からは「万一、判決を求めても敗訴すれば、現在、請求を受けている金額に対して付加金が付随するため、倍の請求を受ける可能性も高い」と説明され、さらに裁判官からも和解を促されたことから同社では和解することになった。

    A社では請求金額の支払いと地裁まで持ち込んだことでの弁護士費用と裁判費用など、和解金とは別に数百万円の費用が生じたという。

    「裁判に持ち込む前に、互いの弁護士同士での話し合いで和解すれば、費用も時間も要することはなかった」とA社社長は語る。

    一方、同市に本社を構えるB社では、2年前に退社したドライバーから残業代の未払い請求を起こされ、担当弁護士から「裁判に持ち込んでも、付加金が加算され、請求額に対して約2倍から3倍になる」と説明されたことで、地裁に持ち込む前に互いの弁護士同士の話し合いで和解を成立させた。

    B社では、請求額に加えて依頼した弁護士費用だけで済み、A社と比較して時間も短く、費用も掛からなかった。

    A社の社長も、「B社のように、冷静な判断が出来ていれば、費用や時間を要することなくスムーズに和解が出来たかもしれない。裁判に持ち込んでも、会社側が敗訴するケースが大半。残業代未払いでの裁判で会社側が勝訴したケースはほとんどないようなので、裁判に持ち込む前に和解することが利口なのかもしれない」と経験を話す。

    B社にA社の話を伝えると、「当初は、裁判まで持ち込んで、とことん争うつもりであったが、弁護士の助言で結果は分かった。まれに裁判で争って勝訴した話は聞いたことがあるが、あらかじめしっかりした就業規則と勤務時間の管理、さらには賃金体系や、それに対する説明と理解を求めていないと会社側の勝訴は厳しいと言われたので、早い段階で和解できたのはよかった」と語った。

    いつ自社に発生するかわからない残業代未払い請求については、専門家に依頼し、就業規則はもちろん、賃金体系やそれに関する資料の整理、さらには労働者の勤務時間の管理の徹底を行うことで、未然にムダな争いも解消できる。時間と費用は掛かっても一種の保険と考え、取り組むことが重要のようだ。

     
     
     
     

    この記事へのコメント

     
    1. 残業代未払い運転手 says:

      俺も訴えますわ
      試算で600万貰えるらしいんで
      ボンボン社長がブチ切れして裁判所まで行ってくれたら1200万以上確定
      こんな美味しい話し乗らないでどうするの?

      30
      4
    2. 残業代未払い運転手 says:

      請求総額1000万越えました
      付加金合わせたら2000万円オーバー
      小遣い稼ぎに訴えた者勝ちやで
      新法対応出来ん昭和脳の経営者は淘汰されろ

      20
      2
    3. 残業代未払い請求中ドライバー says:

      現在、弁護士を通して同僚3人で残業未払い請求してます。
      ハローワークにも申立書を提出して会社に事実確認の連絡が入ったけどクソ社長は事実を否定。
      そのかわり、会社と契約してる社労士が労働時間超過を認めた事で、自己都合退社から会社都合退社に切り替わり、失業保険の問題は解決。
      弁護士事務所には会社から送らせた業務日報・タイムカード・賃金台帳等があるけど、日報なんかは嘘を書かされてる日報なんで、個人で日々の配送業務をノートに書いてたから、それを弁護士に提出。
      他にも積載オーバーしてるのが日常的にあったんで、積載重量が記載されてる受領書のコピーも提出。
      オマケに休憩もほとんど取ってないのに、会社から取り寄せた日報には勝手に休憩時間と休憩場所が書き込まれてたから、会社に提出する前に日報をスマホで写真に残してた分も提出。
      書き込まれてる部分の筆跡も違うし、休憩場所もノートと照らし合わせたら居てるはずの無い場所で休憩取ってる事になってたから改ざん決定の証拠になりますわ。
      トドメに配車と給料の件で言い合いした時の会話を録音しといたから、それも提出。
      入社してから一度も点呼した事も無ければ、アルコールチェックもした事無いし。
      ここまで証拠揃えられてひっくり返せるもんならひっくり返してみろや!て感じですわ。

      • 西早稲田 says:

        ちなみにお一人おいくらくらい請求されているんでしょうか?うちも歩合で残業という概念がそもそもない会社なので、きちんと計算すれば相当な額になるのではないかと・・・。

        • 残業代未払い請求中ドライバー says:

          コメント有難うございます。
          1人約500万です。

    4. 北海道 says:

      北海道の運転手ですが、
      応援します。

      全国に残業代未払い請求を広めましょう!

      • 残業代未払い請求中ドライバー says:

        有難うございます。
        クソ社長が払いたくないんでしょうね。
        会社側の弁護士から交渉で折り合いがつかない旨の連絡が入ったそうで、訴訟というカタチになるみたいです。

    5. 匿名 says:

      悲しい話だけど、運賃さえ適正化されれば9割方解決する問題が多いですよね。

      5
      2
      • 残業代未払い請求中ドライバー says:

        運賃を適正化したところでドライバーは正当な給料を貰えないと思います。
        長距離走るにも高速を使わせずに下道を走らせて、その時間は給料に反映されない。
        荷主からは高速代を貰ってるのに、それを売上に計上してますからね。
        ドライバーの代わりはなんぼでも居てる…ていう認識しか無いんでしょうね。

    6. 匿名 says:

      似たようなケースでもう3年間も裁判してる者です。
      青果物輸送で長時間の積み込み時間を休憩時間に偽装をドライバーに強要した会議資料も提出しました。

      偽装した勤務時間の算定に頭悩ませた裁判官も私の代理人にボソリw
      『信じられないくらい働いてらっしゃいますが残業代計算大変難しいです』と嘆く始末w

      会議資料の年間拘束時間はなんと約4800時間でした

    7. 残業代未払い請求中ドライバー says:

      以前のコメントから1年が経ちましたが、まだ裁判中です。
      もう会社側の書面は『あんた子供か?』て言いたくなるような内容で、全くこちらの言い分をひっくり返せるような文面ではありません。
      こちら側の弁護士も『認めるのか認めないのか、認めないならコチラが納得できるだけの根拠を文書にしてください』て詰めてる状況です。
      そろそろ大詰めかな〜て感じもしてきました。
      最後の最後まで油断はできないですけどね。

      • 匿名 says:

        日本のどこかの空の下、応援しています。
        自分も4トンに10トン近く積み爆速(デフがカラカラ鳴り壊れ整備工場にはバレてた)
        早出、残業は未払い、休日出勤はなかったことにされる、そんな会社にいましたが、代わりが入ってきて追い出される形で退職し、トラックを降りました。

        これから物流業界、特に中長距離には少なくとも影響が出てくる出てくるのではと思います。ドライバーの待遇など改善され良くなる事を願っています。

        • 残業代未払い請求ドライバー says:

          1年が経った現在も何ひとつ改善されてないらしいです。
          現在も残ってる若い子から聞いたんですが、自分が在職してた頃と変わらず日報には嘘の休憩時間、出庫時の点呼もしてない、アルコールチェックもしてない……ていうより、出勤時に事務所のシャッターも閉まってて誰も居てないそうです。
          労基にも呼び出されて、是正勧告を受けてるらしいんですが、何も変わってないそうです。

    8. 残業未払い許さない says:

      俺も弁護士入れて交渉しましたが、バカな会社で、給料規定を変更してるからと言ってゴネてます。そもそも給料規定なんて知らんし。相手の弁護士もいい加減で。労基に言っても動かず。弁護士に言われたのは悪質なので訴訟を進めてられ訴訟します。潰すぞ!マスコミ入れて盛大にやらせて貰います。

      • 残業代未払い請求ドライバー says:

        訴訟を起こしてもう2年が経ちますが、次回本人尋問です。
        アホ社長がどういう反論をしてくるか楽しみですわ。
        今までの反論書も全く事実の無いデタラメなモノでしたし。
        お互いに頑張りましょう!

      • 匿名 says:

        労働基準監督署は、労災で人が死なないと動かないよ
        だから、要らない公的機関は労働基準監督署と法務局だと思っている
        法務局なんか書類に不備がなければ受付、登記するだけで、法律の事は解らないから法律の事は弁護士か司法書士に相談してと職員が逃げる
        法務局の職員だから、ある程度の法律の知識があると思っていると全くなくて、唖然とする

    9. 匿名 says:

      私は現在訴訟中です。
      バカな社長と役員です。
      歩合で残業代払って居るからと言うのでウチの顧問弁護士が残業代と歩合を個別に出せと言えば出して来ないし。
      2024年問題で残業代未払い会社を国交省は吊し上げる上げるべきだと思ってます。

    10. 残業代未払い請求ドライバー says:

      先日、裁判所からの和解案として金額が提示されましたが、こちら側は『被告側が裁判所が提示した金額を飲むのか飲まないのか、その答えを出すのが先と違いますか? こちらの答えはその後ですわ。』というカタチで裁判所には返答しました。
      被告側の弁護士は裁判官に『○○日までに返答するように。』と言われてその日の裁判は閉廷したそうです。
      そして、その○○日に被告側の弁護士は何の答えも出せなくて時間を無駄にしただけみたいです。
      まぁ被告のアホ社長は裁判所が提示した和解金額を弁護士から聞かされて、『こんな金額誰が払うかい!』て突っぱねて、弁護士の説得にも耳を貸さなかったんでしょうね〜。
      金額は別として、裁判の勝ち負けで言えばアホ社長の負けはほぼ確定のようです。
      裁判所としては判決まで引っ張るより、和解で終わらせたいみたいですが、判決まで終わらせる気がない原告の自分達以前に、自分の置かれている立場が分かってないアホ社長に呆れてます。
      自分達の裁判が終われば、次の同内容の裁判が待ってますし、その当時を知ってる元同僚ドライバーが何人も会社に残ってて、彼等が結果を万が一でも知ってしまった時の事を考えると素直に負けを認める訳にはいかないと思ってるんでしょうね。
      なんにせよ、あと数ヶ月で判決になると思いますし、その判決文がアホ社長にどれだけ重くのしかかるか楽しみです。
      残業代未払いには遅延損害金も加算されますし、当然判決までいけば付加金もかなりの確率でつくと思います。
      その時になって『こんな金額払えるかい!』と言ったところで裁判所の決定は支払命令になるんで悪あがきしても無駄なんですけどね。
      また報告させていただきます。

    11. 残業代未払い請求ドライバー says:

      先日の裁判で○○日までに答えが出せなかった事で『月末までに原告側の弁護士に答えを連絡するように』と裁判長から釘を刺されたにもかかわらず、11/30迄に返答連絡は無かったそうです。
      どんどん自分の首を絞めていってるのに、次回の裁判でどんな言い訳をするか楽しみですわ(笑)

    コメントをする

    ※コメントを投稿することにより、利用規約をご承諾いただいたものとみなします。

    内容をご確認の上、送信してください。

     
     

    関連記事

     
  • 都道府県別社労士・弁護士事務所

    運送会社をサポートできる社労士・弁護士事務所一覧
     
  •  
  •  
  • 「労務管理」の 月別記事一覧

     
  • 労務管理」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら