Now Loading...
 
  • トピックス

    点呼違反の処分 適正な点呼できない現状

    2015年6月23日

     
     
     

     現在、ドライバーが労働環境改善ならびに未払い賃金発生を訴えて労基署に駆け込むケースも多い。労基署では相談に応じて、その事業者に対して立ち入り調査を実施し、運輸事業を監督管理している国交省に報告、これを受けて各地域の運輸支局が半年程度で監査を実施する流れになっているようだ。この監査を受けた際、一部の運送事業者では点呼を実施していなかったとして行政処分の対象になっている。



     本紙の1人の記者が知るだけでも、ここ1年で4社が監査を受けた。その際、点呼を実施していないとの指摘を受けたのは、そのうちの2社。当然、点呼は重要な管理業務として適正な実施が求められているが、2社は一部のドライバーに対して数日間から数か月、点呼を実施していなかったという。点呼の不備を指摘された大阪府の運送A社は車両を7台保有しており、経営者自らも車両に乗務し、配車から事務作業を行うなど1人で2役、3役行っているという。「点呼は、作業が終了して会社に帰ってから行っているのが現状で、実施できている者と、できていない者がいる。他の作業や仕事を行っていたなど理由は様々で、やることが多くて点呼が実施できていなかった」と話す。(詳しい内容は、物流ウィークリー6月22日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら