Now Loading...
 
  • トピックス

    旧車を愛するメンバー 参院選は「アンチ自民」

    2015年8月20日

     
     
     

     「エコカーへの乗り換えを強引に進めようとすれば、その一方で古い車を早く手放す施策が必要になる…そんなことじゃないのかと思う」と西日本でトラック運送を経営する会社社長。一世を風靡した名車が好きで、地元の旧車クラブにも加入している。「大切に維持することがエコじゃないというのは、どう考えてもおかしい。海外なら(旧車の所有者は)表彰モノだ」と憤りは収まらない。



     消費税が10%に増税されるタイミングで廃止となる自動車取得税が地方税ということで、目減りする自治体の財源に配慮する形で白羽の矢が立ったのが同じく地方税の軽自動車税という見方がある。いずれにしても普通乗用車との税負担のバランスを考慮したという空気のなかで今年4月から、それまでの年間7200円(自家用の場合)が同1万800円へと1.5倍に跳ね上がってしまった。自動車関係税は近年、エコカーの負担を軽減化する流れが目立つが、その一方で?老いた車両?を?環境負荷が大きい自動車?として自動車税、軽自動車税の負担を重くしている。自動車重量税も同じ方向だ。(詳しい内容は、物流ウィークリー8月10日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •