Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第221回:あなたの会社の「売り」は何か伝わっていますか?

    2013年11月17日

     
     
     

     ホームページやDMからの反響が少ない場合、要因の一つに「何をお願いしていいのかわからない」ということが考えられます。
     販促物や営業ツールを作成する際に、私が意識してまず一番初めに行うことが、MDの整理です。MDとは、マーチャンダイジングの略で、日本語で言うと「商品政策」や「商品計画」とも表されます。簡単に言うと、提供できる商品やサービスの棚卸しをするということです。荷主目線で見たときに、どのようなサービスがあるのかをわかりやすくまとめ直すのです。


    funaikawa.jpg
     例えば、スーパーなどの小売店では商品のカテゴリー別にエリアを分け、消費者が買い物(回遊)しやすいような売り場作りを行っています。BtoBの法人相手の営業の場合も同じで、荷主企業が買い物(問い合わせ)しやすいように商品・サービスを明確にしなくてはなりません。
     例えば、運送や倉庫、流通加工など幅広い物流サービスを提供している会社の場合は、まず物流の6機能ごとに分類します。その上で、さらにそれぞれのサービスを細分化していきます。運送サービスであれば、貸切や混載、共同配送など、どのような運送サービスを提供できるのか、というところに落とし込んでいくのです。
     自社のホームページや営業ツールを見直してみて、どんなサービスを提供できるのか、わかりやすく、詳しく説明できているか、改めてチェックしてみてください。
     もちろん、MDを整理する方法として、サービスや機能別だけでなく、対象業種別、ニーズ・課題別、用途・目的別、価格別、エリア・地域別など、様々な切り口がありますので、目的にあわせて分類してください。
    (船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は13年3月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら