Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第230回:独自固有の社外報

    2014年1月20日

     
     
     

     これからの時代は、ほとんどのマーケットが縮みます。しかし一方で、目当ての商品・サービスを提供する企業を探すのは、ますます容易になっていきます。ですから、マーケティング的にも、リクルーティング的にも、尖った企業でなければ選ばれず、生き残れません。一貫して、自社らしさにこだわれる企業だけが残るのです。


    funaihashimotorensai.jpg
     例えば、ノンアセット型3PL企業の雄、エスワイ・ロジステックスは、そのモデルの1社と言えます。同社は、エスワイファームという農場を運営しています。その目的は、社内一体化、差別化、感性の刺激などでしょう。古民家を改造したオフィス、役員の自転車競技への参戦などと併せて、同社を特徴付ける取り組みの一つです。
     同社がこのたび、既存の取引先へのニュースレターを創刊することになりました。主なテーマは、物流ではなく、ほぼ全編、農業について書くそうです。
     それだけでも、十分尖っていますが、取引先へは請求書と、さらに「ある物」を一緒に発送するとのことです。その「ある物」とは野菜です。エスワイファームで採れた野菜を梱包して贈るのです。その独自固有の長所を十二分に生かす発想にビックリし、とても感心しました。
     徹底的に自社らしさにこだわる好事例だと思います。
    (船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は13年7月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら