Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第279回:すぐに人が欲しい今、手がけるべきこと

    2014年12月21日

     
     
     

     「橋本さん、仕事はあるんですが、人が足りません。すぐに人を入れたいんです。どうすればいいですか!?」。ここ最近は、こんな相談が多いです。もちろん、方策はあります。しかし、そんな付け焼刃的な方法で人を手配できても結局は定着せず、悪循環に陥ってしまいます。
     特にドライバー職は、超売り手市場ですから、辞めても他に行ける可能性が高く、以前よりも辞めることのハードルが低くなっていると言えます。ですから、本来的には、〝人が辞めない会社を創ること〟が大切です。
     ただし、「そんなの分かっています! でも、人の採用が緊急に必要なんです!」という状況の経営トップも、多くいらっしゃると思います。


    funaihashimotorensai.jpg
     そういう方のために今回は、〝すぐに人が欲しい今、手がけるべき三つのこと〟について、お話しします。
     (1)ハローワークの求人票を書き直す
     ハローワーク経由で、多くの若者から応募が来ていないようなら、それは求人票の書き方を間違っている可能性があります。ポイントは、1.文字数をできるだけ多くすること、2.1車種につき求人票1枚にすること、3.求職者からよく聞かれる内容を盛り込むこと、4.ホームページへ誘導することです。
     (2)ホームページを採用強化型にする
     今では、たいていの求職者は、ホームページを閲覧して応募の判断をしています。よって、ホームページに求職者およびその家族向けのコンテンツを充実させることは必須事項です。例えば、1.自社で働くメリット、2.フォトギャラリ、3.安全対策、4.1日の仕事の流れ、5.先輩社員の声などを必ず載せるようにしましょう。なお、もちろんスマホ対応にします。
     (3)成果報酬型採用媒体に広告を出稿する
     最近、おすすめなのは、〝求人広告掲載=無料、採用・就業できたら○○円〟という課金形態の採用媒体です。成果報酬型なので、安心して投資できますし、応募もかなりあるようです。例えば、ドライバー募集なら、それに特化した募集サイトの『トラックマンジョブ』などがあります。 すぐに人が欲しいなら、これら3点をやってみてください。即時効果があります。
    (船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は14年9月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら