Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【理想と現実の一体化】

    2008年8月24日

     
     
     

    日経新聞の記事によると、CO2排出量削減の成果を、考課と連動
    させる企業が出てきているようです。
    三井化学シャープが、そういった先進的な取り組みをしています。
    また、中部電力デンソーなどは、社員の家族も対象にした環境意識
    向上策を施しているそうです。
    ちなみに我が家は、今年に入って、一度もエアコンを使っていません。
    家庭からのCO2排出量を抑制するためです。
    ただし、その他の効果もあります。
    ひとつは電気代の抑制、もうひとつは健康によいということです。
    たくさん汗をかいた方が、体調がよいようです。
    また、飛行機に乗る回数を極力減らし、新幹線の利用を増やしました。
    新幹線の1席あたりのCO2排出量は、飛行機の1席あたりの量の
    約10分の1だそうです。
    私ひとりが乗らなくても飛行機は飛びますが、まずはひとりから
    でしょう。草の根活動です。
    前述の記事の中に、次のようなくだりがありました。
    > 環境問題への関心の高まりは今や温暖化ガスをはき出すような
    > 「地球にやさしくない企業」に退場を迫る厳しさだ。
    > 「エコじゃない社員」は評価されない時代が訪れつつある。
    我々が組織の一員である前に、国民のひとりであり、地球人のひとり
    であることを考えると、地球環境を住みやすく保つ努力を各人がする
    ことは当然でしょう。
    ただし、たとえそんなマクロ視点でなくとも、CO2排出量の削減
    策はやる意味があります。
    たいていの場合、ムダを省く施策ですから、コストをダウンさせる
    結果になり、ミクロにも企業にとっての恩恵があるのです。
    船井総研創業者の船井幸雄は、「今だけ、自分だけ、お金だけ」と
    いう意識から脱することが、上手な生き方のコツであると説いて
    います。
    理想と現実の一体化が進んでいます。
    取り残されないように、まずは環境力アップの時流への適応を急いで
    ください。
    ==========================================================
    [船井総研発!【無料】繁盛経営メールニュース]
    ◆『物流企業こうすればもっと儲かる』(週3回配信)
     → http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167927.html

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら