Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【独自の分析指標】

    2009年8月24日

     
     
     

    株価や輸出入量の推移を分析し、政府やマスコミが景気の見通しを
    発表しています。
    しかし、受け取る我々としては、ピンとこないことも多くあります。
    なぜならその分析指標が、すべての人が関わる商品、商圏、客層に
    当てはまるわけではないからです。
    そのため、我々は、それぞれ自分の商売の特性に合わせた、景気
    動向を予測するための分析指標を持たなければなりません。
    流通ジャーナリストの金子哲雄氏は、年代別の景気の動向を、以下の
    ような定点観測によって、探っているそうです。
    ・ルイ・ヴィトン指数(於:東京駅丸の内側の改札)
    ・ヤキトリ指数(於:新橋の歓楽街)
    ・塩大福指数(於:巣鴨地蔵通り商店街)
    ・ドンキ指数(於:歌舞伎町入口のドン・キホーテ)
    ・平均キャバ価(於:六本木のキャバクラ)
    くわしくは、金子氏の著書「超三流主義」(扶桑社)で紹介されて
    います。
    金子氏は、独自の視点で、個人消費の動向をつかんでいるのです。
    例えば、物流関係者なら、主要幹線道路のある地点の営業車両の通行
    動向から今後を占うなど、自社に有用な情報を得るための独自の
    視点を持つ必要があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら