Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【マーケティングの理想】

    2009年12月7日

     
     
     

    経営学の巨人、故ピーター・ドラッカー博士は、マーケティングに
    ついて、以下のように述べています。
    > 販売とマーケティングは逆である。
    > 同じ意味でないことはもちろん、補い合う部分さえない。
    > マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。
    ここでいう販売とは、説得営業のことでしょう。
    マーケティングとは、顧客のニーズと提供商品の特性をマッチさせ、
    それを効果的に知らせることだと思います。
    船井流経営法では、「マーケティングとは、力相応に一番になれる
    商圏、商品、客層を求める活動」と定義されています。
    マーケティングを強化すれば、販売が不要になるというよりは、
    販売をやめる決意をすることで、マーケティング強化へとつながる
    ものだと思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら