Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【改善事例が目を曇らせる】

    2010年6月5日

     
     
     

    トヨタ生産方式を築き上げた、元トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車
    副社長の大野耐一氏は、「改善前の現場写真は、破り捨てろ」と
    説いたというエピソードがあります。
    なぜ破り捨てるべきかというと、「改善前の写真が残っていると、
    過去の努力に意識が行ってしまうから」です。
    そうなってしまうと、そこにまだムダがあっても、あるいは状況の
    変化で新たなムダが生まれても、それが見えなくなると言います。
    自分自身が、一生懸命改善して仕上げた現場への愛着が、「目を
    曇らせる」のです。
    過去の成功体験が阻害要因となるのです。
    大野耐一氏曰く、
    > 大切なことは、今そこにあるムダを見つけ出すこと。
    > そしてそれを排除することだ。
    > それまでにどれほど努力したかは関係がない。
    > どんなに素晴らしいアイデアを出したとしても、
    > それはもう過去のことなんだ。
    > だから、自分の目を曇らせるきかっけになるものは、
    > なるべく身近に置かないこと。
    私は、今まで多くの現場で「改善事例集」を、クライアント企業様と
    一緒に作ってきました。
    しかし、その是非や運用方法について、あらためて皆様と議論して
    みたいと思います。
    41C0P1tMdoL._SL500_AA300_.jpg
    岩月伸郎著「生きる哲学 トヨタ生産方式」(幻冬舎

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら