Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【診断メニューのメリット・デメリット〈2〉】

    2010年7月17日

     
     
     

    前号では、診断メニューの導入が、顧客にとって、どのような
    メリットとデメリットをもたらすかについて、まとめました。
    今回は、売り手が、営業活動において、診断メニューをフロントエンド
    商品として活用するメリットとデメリットについて、述べたいと思います。
    例えば、物流企業が、ターゲット顧客である荷主企業の物流の実態を
    調査・分析する「物流診断」。
    物流企業にとっては、以下のようなメリット・デメリットが考えられます。
    〈メリット〉
    ・現状をつかみ、効果性の高いあるべき姿の企画提案ができる。
    ・包括的な企画の提案がしやすい。
    ・価格勝負にならない、ソリューション企画の提案がしやすい。
    ・企業ロイヤリティを上げ、対等または師弟関係を築くことができる。
    ・上位役職者への直接提案機会を得やすい。
    ・営業担当者のソリューションスキルが上がる。
    〈デメリット〉
    ・工数(人数×時間)がかかる。
    ・調査・分析・企画立案のノウハウが、外部へ流出するリスクがある。
    フロントエンド商品として、これだけ多くのメリットがあるわけですから、
    デメリットをカバーして、うまく活用していただきたいと思います。
    ◆テキスト「荷主企業対象『物流診断』メニュー導入手法」ダウンロード
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら