Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【「てこわんグランプリ」から学ぶ】

    2010年10月8日

     
     
     

    マーケティングの成否は、どれだけ相手の立場で思考できるか否かで
    決まると言えます。
    例えば、マスコミ媒体にニュースや記事として載るのは、非常にPR
    効果の高い販促手段です。
    では、どうすれば採り上げてもらえるのか?
    それは、彼らが好きそうな話題をつくり、提供することです。
    大阪の人気お好み焼チェーンのゆかりは、「てこわんグランプリ」と
    いうイベントを仕掛け、多くのマスコミに採り上げられています。
    内容は、プロアマ問わず広く、お好み焼のレシピを募集し、グランド
    チャンピオン大会にて優勝者を決めるというものです。
    優勝したお好み焼は、ゆかり全店で販売されます。
    優勝者とは、5年間のレシピ印税(月間売上歩合、最低500万円保証)
    契約を結びます。
    また、副賞として、同社特製の黄金のテコ(100万円相当)を授与
    するそうです。
    いかにもマスコミの好きそうなネタです。
    すなわち、それは視聴者の好きなネタということです。
    相手の立場で思考できるか、それが最も重要です。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら