Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【クレドカードは具体的に】

    2010年10月19日

     
     
     

    経営理念や経営ビジョン、経営方針の社内浸透のため、従業員に、
    社員手帳やクレドカードを配布する企業が増えています。
    それらのツールは、朝礼の時に皆で内容を確認するなど、しっかり
    活用すれば、作った甲斐は大いにあると思います。
    ただし、その内容を作る際には、ひとつのポイントがあります。
    それは、できるだけ具体的な書き方をして、理念と行動を結び付け
    られるようにすることです。
    例えば、船井総研のクレドカードには、以下のような記載があります。
    > 相手が見えなくなるまでお見送りをします。
    > お客様が来社されたとき、駅や空港まで送っていただいたときなど、
    > 必ずお客様が視界から消えるまで笑顔でお見送りをします。
    > 一流の人との付き合いは、よい癖付けからはじまります。

    また、K倉庫社のクレドカードには、次のような項目があります。
    > 作業時以外のムダな電気は点けないこと
    > ただし、埃と虫の侵入を防ぐため、
    > シャッターの開閉は小まめにすること

    これらの他にも、それぞれのカードには、多くの具体的行動指針が
    記載されています。
    創業者や経営トップが、常日頃から、こうして欲しい、こうなって
    欲しいと思って、言ってきたことです。
    具体的だから、伝わりやすいのです。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら